XRPロックアップ施行後3ヶ月が経過!分配量はどうなってる?

皆様、ご無沙汰しています。名もない猫です。

世間での仮想通貨の盛り上がりに嫌気がさして、しばらく逃亡しておりました。最近は一旦下火になったようですし、コッソリ(?)と記事を投稿したいと思います。

今回はXRPのロックアップに関してです。ロックアップって何?って方は下記の記事を参照して下さい。

XRPロックアップ直前!ロックアップの仕組みのおさらい

え?めんどくさい?って方には一言で言うと、ロックアップとは「XRPを大量保有するRipple社によってXRPを一度に売却(or 分配)されないように、暗号技術によって一定期間XRPを凍結を行う事」です。

さて、ロックアップが開始されてから3ヶ月が経ちましたので、とりあえずここでXRP分配のペースを確認してみます。それをまとめたのが下図となります。

3ヶ月間の平均だと6億XRPほどが再ロックアップ(55ヶ月後)に回されてるようですね。直近、2ヶ月だけでいえば10億XRPのうち9億XRPが再ロックアップされてます。

ロックアップが開始される前は「毎月、10億XRPが市場で売られる!」という話もよく聞きましたが、今のところそういうわけではないようですね。

 

簡単ですが、今回の記事はここまでということで。。。

名もない猫

 

 

 

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

2件のコメント

  1. 私も手元でリップル社保有分(Held by Ripple)とエスクロー分(Placed in Escrow)を合計してみました。

    2018-01-07: 60,963,796,917
    2018-01-14: 60,963,776,147
    2018-01-21: 60,963,714,287
    2018-01-28: 60,960,308,707
    2018-02-04: 60,897,820,348
    2018-02-11: 60,891,699,161
    2018-02-18: 60,926,684,507
    2018-02-25: 60,900,563,577
    2018-03-04: 60,900,780,730
    2018-03-11: 60,898,372,146
    2018-03-18: 60,898,207,671
    2018-03-25: 60,897,884,525

    これで行くと単純計算で1月7日から3月25日までに配布されたのは65,912,392XRPということになりそうです。

  2. 高度お話しで素人のオイラには何をおっしゃっておられるのか全く理解しておりません。
    要するにリップルの未来は明るいのでしょうか?

    それとも、その逆なのでしょうか?

    とりあえず本日XRP買ってみた超初心者の若輩者です。またお時間あればレクチャー宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください