リップル社のXRPニュースレターに登録してみよう!

ついにリップル研究室からXRPメールマガジンを発行することになりました!

……なんてことには(残念ながら)なりません 笑。今日はリップル社が提供するXRPニュースレターの紹介となります。

xrpchatのスレッドを見て気付いたのですが、XRPポータルからXRPに特化したニュースレターの登録することが出来たのですね。月一の発行となります。リップル研究室と言いながら恥ずかしい限りですが、いつから登録出来たのかも分かりません。1ヶ月前か、それとも2年前からなのか・・・。

スクリーンショット 2016-09-01 21.31.15

引用元:ripple.com

私は速攻で登録しましたが、リップルとXRPにご興味がある皆様も、ぜひどうでしょうか(リップル社の回し者ではありません 笑)。「リップルに興味を持つ人を一人でも増えれば!」というリップル愛です。

これだけでは内容が薄いので、先月(8月31日)に発行されたXRPニュースレターを紹介しておきます。リンクは下記となります。また、その中で気になった一文を引用しました。

XRP NewsLetter: The Case for XRP (August 2016)

This month, we’re sharing good news about Ripple and XRP gaining traction in the industry, and we invite you to learn more in an upcoming webinar, hosted by the Digital Currency Group.

引用元:go.pardot.com

フランクな訳し方をすると「今月にリップルとXRPに関して良いニュースをシェアするつもりだよー!」といったニュアンスになります。気になる発表時期ですが、今月(9月)26日〜29日に行われる金融イベントSIBOS2016でアナウンスされる可能性が高そうです。

どのような内容かは分かりませんが、8月24日にリップル社COO(最高執行責任者)のBrad Garlinghouse氏のブログで、XRPを用いた国際送金のテストを複数の世界の銀行と行っていると発言しています。

we’ve run tests with global banks to prove XRP can lower liquidity costs for cross-border trades. More to come on that front.

引用元:linkedin.com

この事から、もしかしたらSIBOS2016でXRPがついにリップルネットワークの表舞台に上がってくるかもしれませんね。

今年のSIBOSは、各社リップルネットワークを取り込んだサービス、製品を発表する可能性が高いため、去年以上に目が離せません!

名もない猫

2014年頃からリップラーをやってる理系人間です。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしている。ただ、飽きっぽい性格をしているので、このブログはいつ消えてもおかしくない。
宜しければ仲良くしてやって下さいm(_ _)m
Twitterもやってます→@cryptopayments2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。