リップルネットワークの通貨凍結(Freeze)機能とは

今後書きたい記事の関係で、今回はリップルネットワークに備わっている通貨の凍結(Freeze)機能について説明したいと思います。えっ、通貨が凍結?やばくない??と思った皆さん、安心してください。リップルネットワークのネイティブ通貨であるXRPは凍結は出来ません。XRPだけはいかなるものにも制限されるものではありません。非XRP通貨(IOU)が対象となる機能です。

さて、それではIOU凍結機能について説明していきます。ただ機能名からある程度予想が着くと思いますがので、あまり説明することがありませんが…笑

まず、IOU(≒金券)には必ず発行者(issuer)が存在します。そして、その発行者は自分が発行しているIOUだけに下記の3つの凍結権限を行使できます。

  1. Individual Freeze
  2. Global Freeze
  3. No Freeze

まず「Individual Freeze」機能は特定のウォレットにある自分のIOUを凍結する機能です。凍結されてしまうと、そのウォレットにあるIOUは発行者に返す以外は出来なくなります。リップルネットワーク上で売ろうとしても受理されません。なぜこんな機能があるかというと、金融機関が、規約に違反した人や不正を働いた(働く恐れがある)人の口座にあるIOUを凍結するためです。え?勝手に凍結されるの?と思うかもしれません。しかしながら現実の世界でも、銀行が怪しい口座を凍結するはよくある(?)ことです。金融機関が何よりも恐れているのは規制当局に怒られることですから。

次に「Global Freeze」機能です。これはというと、発行者のIOUを一斉に凍結してしまう機能です。全てです、ALL。そして凍結されている間、そのIOUはもう発行者に返す以外は何も出来ません。当然、リップルネットワーク上でも売れません。こんな全IOU凍結の強権なんてどこで利用するの?と思いますよね。これはIOUの活動を全て止めたい時です。例えば、発行者の秘密鍵が盗まれたり、攻撃を受けてIOUが盗まれた時などです。発行者の秘密鍵が盗まれた場合は、既存のIOUを凍結してから新IOUに移行させることが出来ます。IOUが盗まれた場合は、IOUの活動を凍結できれば、IOUの流れを追跡して、盗難者のウォレットにあるIOUだけを凍結させることが出来ます。基本的に緊急の事件が起きた時の機能ですね。

最後は「No Freeze」機能です。これはもうまんまです。発行者はIOUの凍結機能を全て放棄してしまいます。一度放棄するともう個別にウォレットのIOUを凍結するIndividual Freeze機能は使えません。Global Freezeはたった一度だけ行使できます。ただ、Global Freezeを有効にしてしまったら二度と無効にすることは出来ません。あまり使う場面が想像出来ませんが、「個別にあなたのIOUは凍結なんてしませんよ~」という時でしょうか。

ここまでが通貨凍結(Freeze)機能の説明でした。自分が持ってるIOUを人から制限を受けるというのは良い気持ちはしません。ただ、発行者はIOUの凍結が出来ないと悪い人に悪用されても為す術がないので、これでは困ります。これから(いまも?)法的に発行者は自分のIOUをしっかり管理する義務が付けられるのではないでしょうか。

何者にも制限されないXRPは、裏を返すと盗まれたりしても誰も取り戻してくれない通貨です。一方で発行者が管理出来るIOUは、裏を返すと盗まれたら発行者がFreeze権限を行使し、追跡して、手元に戻ってくるかもしれません。何が重要なのかは使われる場面次第かと思います。

今日はここまでです。

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleを追っています。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしている。ただ、飽きっぽい性格をしているので、このブログはいつ消えてもおかしくない。
宜しければ仲良くしてやって下さいm(_ _)m
Twitterは引退しました。理由はTwitterが楽しくて無限に時間を取られてしまうため。

2件のコメント

  1. 書かなきゃいけないなと思いつつも書けていない部分を次々と説明して頂けるのでとても助かります。No Freezeを設定してもGlobal Freezeを一度だけ実行できるのは知りませんでした。一度だけでも凍結できてしまうなら凍結能力の放棄とは言えないと思うのですが、何のためなのでしょうね?

    あと自分が理解できていないのは TrustSetAuth と Tickets です。これらは何を実現するための機能なのでしょうか。

    1. >一度だけでも凍結できてしまうなら凍結能力の放棄とは言えないと思うのですが、何のためなのでしょうね?
      IOU発行者はそのIOU利用者を守る義務があるので、全ての権利は放棄出来ない(させない)仕様らしいです。

      恐縮ながら自分も TrustSetAuth と Ticketsまでは理解が及んでいません。
      ただ、TrustSetAuthは、IOU発行者がそのIOU保持者に対して自らTrustlineを形成出来る
      仕様のようですね。通常はユーザーがIOU発行者にTrustlineを設定するかと思いますが。。。
      そもそもユーザーがTrustしてないのにIOUを保持出来るんだっけ?という部分から疑問ですが、使い道は不明。
      これから勉強したいと思います。

      Ticketsに関してはMultiSignに絡む仕様のようです。
      現状、RCLは発行されるシーケンス番号にそって順次処理しているようです。
      ですが、MultiSignでは発行されたシーケンス番号通りに処理されたら困る(処理出来ない?)など、
      順番を柔軟に対応する必要があるのではないでしょうか。そのための”チケット”?

      私自身理解が出来てないので、抽象的な説明となってしまいましたが、、、
      今後ちゃんと把握した上で記事にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。