SBIホールディングスの暗号通貨取引所ではXRPを扱うことが予定されている

仮想通貨の交換および取引サービスを提供するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社では暗号通貨XRPを扱うことが予定されているようです。

下記のツイートのリンク先のFacebookにSBIバーチャル・カレンシーズ社長の取材記事の一部が載っています。

この上記リンクの記事の中で、下記のような記述がありました。

「ビットコインだけでなく、リップル(XRP)やイーサリアムといった仮想通貨取引サービスも手がける見通し」

このことから、SBIバーチャル・カレンシーズではBTCに加えてXRP、ETHも扱う可能性が高いようです。SBIバーチャル・カレンシーズは銀行も経営しているSBIホールディングスによる暗号通貨取引所になることから、サービスが開始されれば、人気が出ると予想されます。そこでXRPも扱うのであれば、XRPを保有する人も増えるかもしれませんね。営業開始日は未定ですが、楽しみですね(^^)。

名もない猫
2014年頃からリップラーをやってる理系人間です。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしている。ただ、飽きっぽい性格をしているので、このブログはいつ消えてもおかしくない。 宜しければ仲良くしてやって下さいm(_ _)m Twitterもやってます→@cryptopayments2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。