リップルネットワークの持続的発展にはXRPを用いなくてはいけない理由

今回はリップルネットワークが今後も持続的に発展していくためにはXRPを用いなくてはいけない理由について考えてみたいと思います。

昔からリップルネットワーク内のネイティブ通貨であるXRPの存在意義については、XRP不要論など様々な意見が議論されてきました。しかし、リップルネットワークが拡大すればするほど、XRPを使わざるを得ないのではないかと私は考えています。

リップル社は公式サイトにて、XRPについて下記のように説明しています。

Rippleの採用率が高まると、通貨や取引相手の数も増加します。リクイディティ・プロバイダーは、それぞれの通貨の取引相手ごとに口座を維持する必要があります。そのためには資本と時間がかかり、流動性は薄まります。さらに、雑通貨取引のような取引には、各段階で取引に課金する取引業者が複数必要になります。流動性が薄まり、仲介取引業者が増えると、競争力のある価格設定は難しくなります。

引用元:ripple.com

benefit
XRPを用いない場合とXRPを用いた場合の通貨ペア

引用元:ripple.com

 

これは皆様もこれまで何回か説明を聞いたことがあると思います。しかし、私は全ての人が、XRPが持つポテンシャルを理解されているわけではないのかなと思います。リップル社の説明の通り、XRPは、リップルネットワークを使う取引相手の数および通貨数が増加すると、”指数関数的“にその効果を発揮することになります。これは逆に言い換えると、XRPを使わない場合、採用数が多くなるほど、リップルネットワークは指数関数的に効率が悪くなります。上の図では、8通貨が存在する仮定で、XRPを用いない場合は28通貨ペア、XRPを用いた場合は8ペア(ex. JPY⇔XRP、USD⇔XRPなど)存在することを説明しています。この程度の通貨数だと「なんかXRP使わなくてもどうにかなりそうじゃん…」と思うかなと思います。そこで、通貨数が増加していくと、XRPを使う場合と使わない場合で、通貨ペア数がどうなっていくのか計算してみました(世界にはおよそ170通貨ほど存在するそうなので、そこを上限に設定)。ちなみに偉そうに計算と言ってますが、エクセル弄っただけです。。。笑

流動性を提供する必要がある通貨ペア数
流動性を提供する必要がある通貨ペア数

上図で、赤い実線がXRPを使わない場合、流動性を提供する必要がある通貨ペア数の推移となります。一方で青い実線はXRPを使った場合の通貨ペア数の推移となります。XRPを使わない場合、通貨数に対して指数関数的に通貨ペア数が増加していきます。一方でXRPを使う場合は通貨数と線形比例して増加することになります。線形比例なので、170通貨ペアの場合は、「XX⇔XRP」が170通りとなります。もう一目瞭然かと思いますが、XRPを使わない場合はリップルネットワークの発展に従って、ネットワークを効率的に保つことが難しくなることが分かるかと思います。

ちなみに、上記の170通貨という仮定はかなり控えめで計算してます。リップルネットワークでは通貨は銀行ごとのIOUとして発行されます。つまり、同じJPYでも、JPY.BANK1、JPY.BANK2が存在し、それぞれは別の通貨として考えます。さて、一つの国(通貨)に、どのぐらいの銀行数が存在するでしょうか。少なくとも日本で考えても海外送金する銀行が1行ということは考えられないですよね。また今回は銀行のIOUで説明しましたが、リップルネットワークに接続されるビットコインなどを始めとしてあらゆるアセットが全て異なる通貨として扱われます。その時、XRPを使わない場合の通貨ペア数はどの程度になってるでしょうか。天文学的数字とは行かなくとも、とても持続可能な系じゃなさそうな気がします。

最後にですが、皆様に一つの問いを投げたいと思います。よく巷では「リップル社は成功しても、XRPが使われる(成功する)とは限らない」と言われます。この問いの答えは歴史が証明するしかないですが、皆様はどう思われるでしょうか。

 

6件のコメント

  1. 細かいことですが、
    通貨(IOU)ペア数は通貨(IOU)数の2乗に比例するので、「指数関数的」ではないですよね?
    いずれにしても
    あらゆる価値が繋がるのがIoVの世界なので、インターネット上の基軸通貨(XRPまたは同様の通貨)が必要になると私も考えています。

    1. toshi氏のご指摘の通り、確かに「指数関数的」という表現は誇張でした。

      式で書いちゃうと、通貨数(IOU)がn通り存在し、1:1でパスを形成する(マルチホップしない)前提で、
      nが大きい領域では、nC2=n(n-1)/2≒n^2/2 となりますよね。

      実際はリップルネットワークは多少マルチホップ可能なシステムなので、
      上記は悲観的かもしれませんが、御容赦お願いします。
      (マルチホップするほど、経路が途中で消えたり、スプレッド分コストがかかることになりますが。。。)

      1. そうですね(笑)

        この記事に関連し、RCL上での基軸通貨(≒vehicle currency)について個人的に考えていることがあります。
        最近の一連のニュースでRCLが広く使われる可能性がかなり高まったわけですが、
        もしそうだとしても、RCL上でXRPが基軸通貨にはなれない可能性がまだ残されているな、とも考えています。
        具体的には、例えば”USD.Fed”というような、影響力があって信用の高い(?)IOUがRCL上での基軸通貨になることだってあるのではないか、ということです。
        なぜこんなことを考えるかというと、自国通貨が基軸通貨であることの多大なメリットを享受しているアメリカがその座を簡単に譲るとは思えないからです。
        この場合、XRPは単なる手数料のような物という位置づけになり、XRPの価値は高い必要がない、むしろ安いままの方が良いことになります。
        (もちろん中国のような現在のUSDの座が面白くない他国にとっては、これを崩しに来る可能性も高いですが。)

        1. その影響力がある第三者の基軸通貨的なIOUがXRPの変わりをするパターンは私も考えていました。確かにロジックとしては成り立つ可能性はありますが、以下の点で無いのかなと思ってます。

          ・国や組織ドメインの主導権争いになって、基軸通貨的なIOUが乱立し、かえってネットワークが非効率になる。
          ・技術的側面では、ネイティブ通貨であるXRPで機能を実装するのが最も容易である点。例えばSuspayなどが上げられます。開発者のオフレコでは、第三者が絡むIOUではケアすべき所が多く技術的ハードルが高いようです。
          ・そもそもXRPを使うときのデメリットが少ない。

          >自国通貨が基軸通貨であることの多大なメリットを享受しているアメリカがその座を簡単に譲るとは思えないからです。
          そして、これに関しては私も答えがありません。暗号通貨が普及した場合、基軸通貨の位置付けがどうなるのかは謎です。XRPがビットコインを超えて爆発的に普及したら、そういう話になるかもしれません。
          いずれにせよ、かなりロングスパンな議論になるのかと思います(ちょうど各国の中央銀行はそういう所の話をしているのではないでしょうか)。

          1. ご返信ありがとうございました。
            おっしゃる通り、XRPがRCLの基軸通貨になるのが技術的には良いに決まっているので、いずれはそうなるべきだと私自身も考えています。

            >・国や組織ドメインの主導権争いになって、基軸通貨的なIOUが乱立し、かえってネットワークが非効率になる。
            現在の世界を見ればFedが発行するUSDだけが基軸通貨としてみなされているので、もしFedがUSD.FedというIOUを発行したら、RCL上でもUSD.Fedが基軸通貨になるかもと思った次第です。(その場合、銀行等が発行するUSD.XXbankは、基軸通貨のUSD.Fedにペッグされる。)

            こういう私も初期からのリップラーなのですが、ネット上には全否定か全肯定の情報・意見が目立つので、多面的な議論ができればと思い自分の考えを示させてもらいました。
            貴重なご意見ありがとうございました。

          2. >こういう私も初期からのリップラーなのですが、ネット上には全否定か全肯定の情報・意見が目立つので、多面的な議論ができればと思い自分の考えを示させてもらいました。
            これには私も全面的に同意です。”1″か”0″の情報が多いイメージです。
            時に政治の関係などで、技術的に最適じゃないところに落ち着く可能性も十分あるので、中間通貨的IOUの出現の動きには注意しないと行けないと思います。
            中立的な視点(意見)は重要だと思いますので、当ブログの内容が偏り過ぎたら、その時はコメントして頂けると幸いです 笑
            なるべく建設的な議論をしていきたいと考えています。

            こちらこそありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。