リップル社CEOクリス・ラーセン氏が会長になるニュースについて私が思う事

皆様がご存知の通り、この度リップル社CEOのクリス・ラーセン氏が、2017年1月1日をもって社長職を退任し、会長職に就くことが発表されました。後任に元COO(Chief Operating Officer)のブラッド・ガーリングハウス氏が指名されたようです。

これを受けて、日本語のニュースサイトにおいても様々な反応がありました。中にはネガティブイメージを受けるニュースも有ります。

また、ネット上においてもクリス・ラーセン氏の退任に関してポジティブな意見とネガティブな意見が上がっているようです。

以上を踏まえて、私が今回のニュースについて思うことを述べていきたいと思います。私は以下の理由から、特にネガティブニュースではないと考えています。

  1. クリス・ラーセン氏はリップル社を退職するわけではない点
  2. すでにリップル社採用の動きが始まってる点

一点目についてですが、クリス・ラーセン氏はリップル社と仲違いして退職するわけではないということです。あくまで会長職に就くだけです。社長職と会長職に法的な明確な違いはありません。ですが、一般的には社長は会社運営の実務を担当しており、会長は対外的な経済活動を担当します。クリス・ラーセン氏が会長職に退く理由は少なくともリップル社の公式発表を読む限り、下記が主な理由となります。

At this time in my life and in my career, I look forward to moving beyond day-to-day operations to focus my energy on continuing to lead Ripple’s strategic direction while spending more time with my two young boys. At six and nine, they’re at that so called golden age where everyday brings new wonders and discovery. It’s a time I only get to experience once and I don’t want to miss it!

引用元:ripple.com

「成長期である6歳と9歳の子供の成長を身近で見たく、このような一度しか無い貴重な機会を逃したくない。」というのが主な理由のようです。私はなんて素敵な理由だと思いました。リップル社のような多国籍企業のCEOであれば、海外出張の連続となり(この前も日本に来てましたし)、子供と過ごす時間も満足に取れないということでしょう。このため、会社運営の実務を後任に任せたということです。そして、会長として下記のような事を行っていくようです。

As executive chairman of Ripple, Larsen will be responsible for leading the board of directors, strategic oversight of the business and identifying strategic partnership opportunities. He’ll remain the controlling shareholder of the company.

引用元:ripple.com

取締役会の旗振りや戦略的パートナーシップやビジネス上の見落とし確認などを担当するようです。

二つ目の理由として、すでにリップル社の技術を送金に採用しようとする動きは始まっています。日本国内では42銀行がリップルネットワークを用いた送金のコンソーシアムを設立しましたし、海外では銀行がリップルネットワークの普及・管理を行う国際銀行間送金グループ(GPSG)が設立されています。これらの団体がリップル社と共にリップルネットワークの普及に力を入れている段階です。ある意味、すでに賽は投げられたのです。今後、リップルネットワークは普及するか廃れるかの極端な道しかないと考えています。

以上から、私は決してネガティブな内容ではないと思っています。むしろ、些細な会社運営実務から解放されたクリス氏は時間の全てを大局的な戦略構築にエネルギーを注げるため、リップル社にとってはプラスに働くのではないかと思っています。

あくまで個人的な感想ですが、いかがでしょうか。

追記

SBIGroupがリップル社のプレスリリースの原文を抄訳していますので、そちらもご参照下さい。

 

16件のコメント

  1. いろいろな話を聞いていると、会社の仕組みを理解しないで話をしている人達(とくにアンチ)が多い印象を受けます。まず、クリス・ラーセンは『取締役会長』に就任すると発表しました。

    会社の登記簿に記されている社員は、代表取締役を含む取締役達です。そして、ここで言う会社法上の『社員』とは従業員ではなく、株主を意味する言葉なのです。社長や副社長などの役職は従業員の役割を表すものです。(ですから、従業員を社員と呼ぶのは本来の定義からすると誤用です。)

    この辺りのことが理解できていなければ議論しても話が空転するだけでしょう。

    1. 不勉強で恐縮ですが、私も会社法のことは詳しくなく、勉強しなくてはいけないかなと思います。

      どんな事にもファンの方とアンチの方は居るもので、
      情報を見るスタンスによってポジティブにもネガティブにも映ると思います。
      なので、様々な解釈があって然るべきで、ここでは一つの小さな意見として、細々と発信していければと思っております。

      そして最終的には、「歴史による証明」しか無いのかなと思います。。。笑

  2. リップルが上昇を見せるのは、来年の3月には銀行がリップルの仕入れをおおよそ終えた後、4月から6月ですね。1ドルから3ドルくらいまでの見通しですね。因みに、80銭でずっと底値を彷徨っているのはリップル本社が低く保っているからで、実際には価値は既に上がっているんですよ。低く保っている理由は、各銀行がリップルを仕入れしやすいようにする為ですね。by tech424

  3. Tech424さん、
    コメントありがとうございます。

    正直言うとXRPが上昇する時期は予想が付きません。しかしながら、リップル社がXRPを事業戦略の中心に位置付けている限り、リップルネットワークの普及に従って自然と価値が上昇するのではないかと考えています。

    銀行がXRPを入手しやすいように値段を低く保っているということですが、確かにそういう考え方もありえます。しかしながら、個人的には、リップル社は機関投資家やマーケットメーカーには直接XRPを卸すと述べているので、少なくとも今は、銀行は市場からは調達されてないのではないかと思っています。

    1. 銀行や金融機関は直接リップル本社からの仕入れを行なっています。掛け率はそれぞれの会社によって違います。市場の相対取引からではなくです。65パーセント前後は本社が保有します。そのうちからです。なので既に、まあ内緒ですが、価値は十分上がっている状態ですが、基軸通貨として、上下繰り返し、落ち着くのは1ドル前後だと言われています。1ドル100円前後のように。来年の3月くらいまでは今の推移で、上がり始めるのは4月から6月。今上げると銀行が買い付けできない、これが低い理由です。

      1. Tech49さん、

        コメント&非常に興味深いご意見ありがとうございます。
        もし、そうであるならば来年は期待出来る年ですね!

        ちなみに、そのようにお考えの理由は、どこからかお聞きした情報でしょうか?
        それとも、公の情報を集めた上での推測なのでしょうか?

        ご教授頂ければ幸いです。

        1. 公の情報ではなく、リップルを日本に持ち込んだ人からの情報です。リリース当初に7億まで上げた方です。もっと詳しい情報もありますが、例えば世界には三社だけリップルを膨大に保有してる会社があります、SBIとかはずっとずっと少ないですね、オフラインの方がいいかな。直接メール下さい。情報入ればいつでもシェアします。参考にして下さい(*´-`)

          1. Tech49さん、
            刺激的な情報、ありがとうございます。
            横から失礼しますが、一点伺いたいことがあります。

            暗号通貨に関しての日本の金融庁の対応は他の国よりも比較的素早く、たしかに来年前半には銀行が直接扱うかもしれません。
            ただ、他の国に目をやると暗号通貨の取り扱い自体、未だに様々な立場があり、来年前半になっても法整備が追い付いていない国が多いように思われます。
            そのような状況で、もしもRipple社が各国の銀行に安く仕入れてもらうために値を抑えているとしたら、来年前半にXRPが上がり始めるというのは少し早すぎるように思うのですが如何でしょうか?
            (Ripple社が安く抑えていること自体を否定するつもりは全くありません。)

      2. Tech49さんの情報を信じ、祈るように待っていましたら、情報通りに4月末から高騰して、喜んでいます。
        情報通りこれからも進み、6月末くらいまでに1ドル前後と考えていて大丈夫でしょうか?
        5ヶ月前の情報でしたので、また新しい情報がありましたら、よろしくお願いします。

    2. リップル、8月にビックバンが来ます。備えてください。やっぱり3月末から来たでしょ?笑 これからリップルは300円超えてきますが、世界のこれからの基軸通貨になるので、100円前後で落ち着くでしょう。というのが、現会長から直接聞いた話です。by tech424

      1. ありがとうございます。
        300円は超えても、100円くらいに落ち着くということは、タイミングをみないといけないということですよね⁈
        基軸通貨になるには1000円にはなる必要があると、知り合いは言っておりましたが、ブリッジ通貨として、100円で間に合う流通なのですね。
        また情報よろしくお願いします。

        1. そういうことです^^ ベイスさん。
          底値で保有されて良かったです!
          リップルは上がる根拠がしっかりあります。使いやすいのは結局今の法定通貨と同じくらいかと思います。アメリカのお金なので。アメリカ人は買えないけど。日本はラッキーですね。

      2. Tech424さま
        アドバイスありがとうございます。
        5月22日からのカンファレンスに期待していたのですが、反対に、終わってから急な下落が続いております。
        不安になってきたところですが、これも想定内の下落なのでしょうか?
        何が起こって、こんなに価値が下がっているのか、教えていただくと嬉しいのですが…
        今後のことも、情報あればよろしくお願いします。

  4. Tech49さん、
    そうですね。思うよりも早く進むかもしれませんね。
    各国の当局の対応も期待して待ちたいと思います。
    情報ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。