【随時更新】リップル社が公開する日本語資料および記事まとめ(2017/4/22)

リップル社の資料は英語で書かれたのが多かったのですが、最近は日本語の公式情報が徐々に出てきています。

私は可能な限り1次ソースである公式資料をもとに、色々と考えるようにしています。もちろん、分かりやすく解説されたブログを参照するのもいいのですが、やっぱりその人の主観によって情報が歪められてしまうことがあります。皆様の理解の助けになればと、リップル社から出ている日本語の公式情報をまとめみました。随時更新していきたいと思います。

 

公式資料

リップルおよび価値インターネットにおいて、XRPが果たす役割が書いてあります。

リップルソリューションを使った場合の、銀行のコスト削減量を試算しています。XRPを使った場合がもっともコスト削減効果が高いようです。

 

公式記事

グローバルにXRPマーケットの健全性を向上することを目的として、四半期販売状況を含むマーケット状況、直近四半期の価格変動や関連するアナウンスメントについてのコメンタリーをRippleは定期的に発信しています。

出典:ripple.com

オンライン上でXRPに関しての誤った情報が散見され混乱を招いています。この場で、よく話題となる「6つの迷信」を取り上げ、なぜその迷信が間違っているかを説明します。

出典:ripple.com

SBIとリップル社の合弁会社であるSBI Ripple Asiaの会社概要ページです。SBI Ripple Asiaのミッションなども書かれています。

 

 

公式動画

SBIが主導する内外為替一元化コンソーシアムとRipple技術を用いた送金プラットフォーム「RCクラウド」についての紹介ビデオとなります。

名もない猫
2014年頃からリップラーをやってる理系人間です。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしている。ただ、飽きっぽい性格をしているので、このブログはいつ消えてもおかしくない。 宜しければ仲良くしてやって下さいm(_ _)m Twitterもやってます→@cryptopayments2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。