週刊リップルニュース(8月第4週)

今週のリップル関係のニュースとなります。リップルに関しては、今週は目立ったニュースはありませんでした。来週の8月末にリリースされる予定のXRPデリバティブ取引などに期待したいと思います。

リップルネットワーク関係記事

記事中では、近々イギリスの規制当局が承認するプロジェクトの中にリップル社が入っているという噂があるという。

リップル社のCOO(最高運営責任者)Brad Garlinghouse氏がBankCoin(銀行独自の暗号通貨)に対する見解を述べています。

 

リップル公式ブログ記事

インターレジャープロトコル関係記事

  • Google & Apple Prefer Ripple Blockchain Tech over Visa

GoogleやAppleを始めとする企業がリップル社が提唱したインターレジャープロトコル(ILP)に興味を持っているという話。記事中で、2016年末から2017年初めの間に、ILPを使って主要な暗号通貨ブロックチェーン(おそらくビットコインやイーサリウムなど)を相互に繋ぎたいとコメントされています。

 

その他

R3CEVがコルダ(Corda)の概念的なホワイトペーパーを発表しました。今後、コルダはリップルネットワークと密接に関係してくると思われますので、動向は注視したいと思います。

暗号通貨コミュニティにおけるロビー活動の重要性について、見解が述べられています。

 

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleを追っています。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしている。ただ、飽きっぽい性格をしているので、このブログはいつ消えてもおかしくない。
宜しければ仲良くしてやって下さいm(_ _)m
Twitterは引退しました。理由はTwitterが楽しくて無限に時間を取られてしまうため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。