XRP Ledgerの非中央集権への歩み

どもども。最近、XRP Ledgerが急速に非中央集権に向かってるようなので、それに関して記事にしてみたいと思います。

XRP Ledgerの管理方式

XRP Ledgerではマイニングがなく、他の暗号通貨とは少し(結構?)毛色が異なる仕組みで管理されています。XRP Ledger上の取引を承認する管理者は、ネットワーク上のユーザから信任されたValidatorが行います。これは、他のユーザから管理を依頼される、いわば許可型(permission)の管理方式となります。この妥協(?)によって、高速、低遅延、低ばらつきな取引が可能になるのですが、ここでは詳しい話はカットします。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

金融庁主催研究会でのリップル社資料を勝手に解説してみた

なんと2日連続での更新!(・ω・)bグッ。さて、つい先日金融庁主催の「仮想通貨交換業等に関する研究会」においてリップル社のSarbhai氏が日本の関係者向けに講演を行いました。その時の資料が掲載されていましたので、せっかくなのでその時の資料を引用つつ、なるべく簡単に解説していきたいと思います。なお、スライドから勝手に内容を推測しているだけなので、内容が正しい保証はありません。

 

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

XRPの利用度をXRP Ledgerのトランザクションを通じて比べてみた

ども、名もない猫です。本日はXRP Ledgerでの活動(トランザクション)を見ることで、XRPの利用度を今と1年前と比べてみたいと思います。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

Ripple社にしか実現出来ないたった一つの事、分かりますか?

なんだかSEO的なタイトルですね 笑。さて、最後の更新から3ヶ月経ちましたが、今回も気まぐれの更新です。最近、XRPを含めたデジタル通貨(暗号通貨)の価格は低迷していますが、その根幹技術である分散台帳技術(≒ブロックチェーン)業界は盛り上がってます。そんな中で、各社から徐々に具体的な発表が飛び出し、更に今月は下記の様な国際送金に関する発表が相次ぎました。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

【ビギナーシリーズ】第6回 XRPの普及に力を注ぐRipple社ってどんな会社なの?

ビギナーシリーズ[a]このビギナーシリーズでは、難しい事を正確にというよりは、分かりやすさを優先に書くようにしておりますので、多少不正確な点があるかと思いますが、ご了承下さい。 第6回の今回は、XRPの普及を全力で推進するRipple社について、「どんな会社なのか?」について焦点を当てた記事にしました。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

参考資料   [ + ]

a. このビギナーシリーズでは、難しい事を正確にというよりは、分かりやすさを優先に書くようにしておりますので、多少不正確な点があるかと思いますが、ご了承下さい。

XRPはどうなる!?リップル社の新しい公式資料で分かった3つの想定送金方法

例年、10月はビック金融イベントのSIBOSが開催されるためか、Ripple社の資料(パンフレット)が新しくなることが多かったのですが、今年も更新されてました。資料はこちらにあるので、興味ある人は目を通して見て下さい。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

RippleNetとXRPの普及のために、330億円相当のRippleNet拡大促進プログラムが始動

Ripple社にとって重要なカンファレンスであるSIBOSSWELL開催まで残り3日とまでなっていますが、ここにきてRipple社から「ネットワークの取引量拡大とXRPの有用性向上のために、3億ドルのRippleNet拡大促進プログラムを設立」が発表されました。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

Q&AサービスQuoraにおけるRipple社CEOのBrad氏の答えをまとめてみた その1

実名制の人気Q&AサービスのQuoraでRipple社CEOの Brad GarlinghouseがRippleとXRPに関して質問を募集していました。その中で14個の質問対して回答が出ましたので、まとめてみました。ただ、Rippleにある程度詳しい方には、目立った新しい情報はないかと思います。 続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

【ビギナーシリーズ】第5回 全ての台帳を繋ぐインターレジャープロトコル(ILP)とは?

だいぶ長く時間が経ってしまいましたが、ビギナーシリーズ[a]このシリーズでは、難しい事を正確にというよりは、分かりやすさを優先に書くようにしてます。ですので正確性を欠くことがあるかもしれませんが、ご了承下さい。第5回の今回は、Ripple社が中心として普及を進めているインターレジャープロトコルについて説明します。ILP(Inter Ledger Protocol)と略す人も多いです。一見するとXRPと余り関係がなさそうな話題ですが、そんなことはありません。しかし、今回の内容対象ではないので、それはまた別の機会に。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。

参考資料   [ + ]

a. このシリーズでは、難しい事を正確にというよりは、分かりやすさを優先に書くようにしてます。ですので正確性を欠くことがあるかもしれませんが、ご了承下さい。

リップル社が4月末に仮想通貨事業者協会と日本の銀行向けに講演を行いました

リップル社のCTOであるステファン・トーマス氏が4月27日と28日に仮想通貨事業者協会(JCCBA)と日本の複数の銀行に向けて、XRPと価値インターネットについての講演を行ったようです。

続きを読む →

名もない猫

2014年頃からXRPとRippleにハマる。Ripple社が掲げる価値インターネットの未来に強く共感し、動向をウォッチしており、気まぐれに記事を投稿している。ただ、飽きっぽい性格をしているため、このブログはいつ消えてもおかしくない。